灰と幻想のグリムガル 4巻:あらすじとネタバレ感想

灰と幻想のグリムガル4巻

灰と幻想のグリムガル 4巻 あらすじ

「驚かすなって、モグゾー」「ごめん、ごめん」
モグゾーは、あはは、と笑って頭を掻いた。でも、ものすごい血だ。血まみれで、表情もよくわからない。だけどまあ、なんとか平気そうだ。
大きな戦いを乗り越えたハルヒロたちだが、助けられなかった仲間もいて、喜んでばかりもいられなかった。そんな中、予想外の活躍をしたことで、他のチームから引き抜きの誘いを受けるメンバーも。リーダーとして悩むハルヒロは、改めて自分たちがどうしたいのかという想いと向き合ってゆく。
灰の中から生まれた冒険譚は、いま新たなステージを迎える!

灰と幻想のグリムガル第4巻/OVERLAP 裏表紙より引用

灰と幻想のグリムガル 4巻 ネタバレ感想

スポンサーリンク

第4巻のタイトルは、完全に「ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち」のオマージュですね。3巻は正直、あまり乗れませんでしたが、4巻は全体を通してかなり面白かったです。

冒頭、モグゾーやっぱり死んでるやん!!
前の巻の感想で「モグゾー生きてた (´∀`=) ヨカッタワー」とか書きましたが、まんまと引っかかっていましたよ。生きてたのは「夢だった」という、かなり意地悪なフェイクでした。モグゾー好きだったので、モグゾーロストはショックすぎます 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

モグゾーのまさかの死から、お通夜ムードの鬱展開が続きます。モグゾー抜きだと、ゴブリンすら満足に相手にできないほどの戦力ダウンで、デッドヘッド監視砦ではあれだけ活躍したのに、またスタートラインに逆戻りですよ。

性格の合わないランタとぶつかるのは相変わらずですが、そんなランタにチーム・レンジからスカウトが来たり、さらにはユメとシホルまで女性チーム・ワイルドエンジェルスから勧誘されたりと、ハルヒロに対する怒涛の追い打ちには、どうなることかと思いました。

レンジはランタに、「ハルヒロにはお前を使いこなせない」と言います。煙たがっててクビにしようか迷ってるくらいのメンバーが大抜擢されるって、リーダーのハルヒロにしてはツラすぎる展開ですよね。

結局はメンバーの全員が残留してくれて、モグゾーの代わりの盾役(タンク)として聖騎士のクザクが新たに加入します。クザクがハルヒロに対して真剣な思いをぶつけるシーンは、結構ぐっときてしまいましたよ。
「今まで投げやりに生きてきたけど、もっと真剣にやればよかった。これからは真剣にやるよ、俺!」
こういう決意表明ってすごく凡人っぽいですけど、だからこそ共感してしまいました。クザクは、人としての魅力はイマイチっぽいけど、悪い奴じゃないっぽいですね。

クザクが加入した新生チーム・ハルヒロは「ワンダーホール」という新しい狩場を目指します。新しいマップへと進むRPG感には、ワクワクしますね。

ワンダーホールでは、なんとソウマ率いる暁連隊(DAY BREAKERS)に加入することになります。まだ加入しただけで、ストーリーが大きく展開することにはなっていませんが、これからの急展開への大きなきっかけとなるんでしょうね。

4巻でのボスキャラ、ウストレルとの戦いは、とても熱かったです。個人的に戦闘描写がダラダラ続くとかなり眠くなるんですが、ウストレルとの戦いはページを捲る手が止まりませんでした。

ちなみに「灰と幻想のグリムガル」の世界では、パラメーターの変動はスキルや装備によるものだけで、経験値に基づくレベルの設定はありません。実際に戦いから得た経験のみが経験値として蓄積されていく、という点でとてもリアルだなぁと思います。

3巻と4巻でひと段落なので、この2巻分のお話で、アニメ第2期作って欲しいですね。「モグゾーの死」は中盤の山場になるし、最後の盛り上がりとしてウストレルとの死闘は申し分ないです。

著者あとがきを読んで

RPGをやってきた時間って、こうしてRPG小説を書いているから無駄じゃなかったよね、ってお話です。

次世代のゲームの本命は、VRだよね!って書いてあります。
VRHMD(VRヘッドマウントディスプレイ)の没入感はすごいの一言なので、VRは次の10年で間違いなく巨大産業になる、ゲームの在り方も一変するでしょうね。今のところ、エロの領域が一番進んでる感じだと思いますが、ゲームの世界でもすごいことになりそうです。今のところ、VRだと長時間プレイが厳しいのでRPGのようなゲームには向かないかもしれませんが、今後技術的に進化していけば、起きている時間のほとんどはVRHMDを装着している、なんて現実は間違いなくやってくるでしょう。ワクワクしかありません。

灰と幻想のグリムガル level.4 導き導かれし者たち
十文字 青(著)、白井鋭利(イラスト)
目次
1.現実の耐えがたいこの重さ
2.ふにゃふにゃやん
3.アンリミテッド
4.最低の条件
5.このざま
6.たどたどしくも
7.しがみつけない過去の栄光
8.変わることのないこの世界で
9.天使の降臨
10.残されたものと残りものと
11.エゴイスト
12.昨日より今日、今日より明日
13.その歩みを止めないで
14.びっくり穴の第一印象
15.ビター
16.CROSSROADS
17.走れ
18.行きつくための方法論
あとがき

>>「灰と幻想のグリムガル level.5」のネタバレ感想へ

スポンサーリンク
灰と幻想のグリムガル4巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です