灰と幻想のグリムガル 5巻:あらすじとネタバレ感想

灰と幻想のグリムガル5巻

灰と幻想のグリムガル 5巻 あらすじ

「……で、これ、何だと思う?」
ワンダーホールに来てから数ヶ月。ハルヒロたちは少しずつ、だが着実に実力をつけて迷宮を攻略していた。そんな時、探索中に見たことのない「穴」を見つける。前回……たしか三日前にこの場所を通りかかったときはなかった穴。それは未発見の新エリアかも知れず、一番乗りしたパーティには大きな利益がもたらされる。踏み込むかどうか迷うハルヒロだったが、変わり者が多いが実力はあると評判のチームトキムネが現れ、合同での探索を提案される。
灰の中から生まれた冒険譚は、新たな出会いと共に続いていく。

灰と幻想のグリムガル第5巻/OVERLAP 裏表紙より引用

灰と幻想のグリムガル 5巻 ネタバレ感想

スポンサーリンク

「灰と幻想のグリムガル」で語られるメインのストーリーは、ハルヒロの「チームリーダーとしての葛藤と成長」なんですよね。

リーダーとしての自分に自信のないハルヒロが、ウジウジ悩みながらもチームをまとめていく…。学校や会社で、仕方なくリーダーをやらされているであろう、世の中の普通のリーダーって、みんなこんな感じ。口に出しては言わなくても、こんな風に迷いながら日々をなんとかやり過ごしていると思うんですよね。「強さ」が足りないだけじゃなくて、「内面」もすごく凡人っていうのが「灰と幻想のグリムガル」の魅力だと思います。無双モノの主人公とは対極にありますね。

毎日クヨクヨ悩んでるから、他人から少し認められただけでも、ものすごく嬉しかったり…。

ワンダーホールを狩り場にして成長したハルヒロ一行は、偶然見つけた「穴」から新しい世界「黄昏世界(ダスクレルム)」へと進んでいきます。

そして、トキムネ率いるトッキーズことチーム・トキムネと協定を結び、合同で「黄昏世界(ダスクレルム)」の探索に当たります。が、なんと、ハルヒロたちはトッキーズに抜け駆けされてしまうんです。ハルヒロたちを置き去りにしたトッキーズは、自分たちだけで「発見」を独占しようとしたんです。

トッキーズの面々は、一筋縄ではいかない変わり者ぞろいです。ハルヒロたちの同期で、お調子者のチャラ男・キッカワもその一員だったりします。「巨女」ことミモリンにハルヒロは惚れられちゃったりしますが、ハルヒロは全くその気がありません。ミモリンはハルヒロに告りますが、盛大に撃沈します。

抜け駆けしようとしたトッキーズが、想定外の敵に遭遇し、キッカワだけが命からがら逃げてきてハルヒロたちに助けを求めます。ハルヒロたちはトッキーズたちを救出に向かうんです。チーム・ハルヒロにキッカワを加えた、ゲスト入りパーティの誕生です。この辺で5巻の半分くらいなんですが、ここからトッキーズ救出までの流れはページをめくる手が止まることはなく、最後まで一気読みでした。

「灰と幻想のグリムガル」は主要キャラですら容赦なく死にますからね。誰が死んでもおかしくないから、読んでてドキドキします。トッキーズなんて「脇役キャラ」なんで、そりゃ一人や二人が死んでも、まったく不思議はないです。でも、ここでは全員死なないんですけどね。チーム・ハルヒロの働きで、全員を見事に救出ですよ。

ハルヒロのリーダーとしての働きもトッキーズに認められちゃったりして、「よかったね、ハルヒロ」ってな具合で、読んでるこっちまでホッコリ嬉しくなりますね。

ちなみに、「黄昏世界(ダスクレルム)」が何なのかはまだ明かされていません。ルミナリスの魔法が使えなかったりして、グリムガルではない場所ということみたいですが…。この先、どうなっていくのか全く先が読めません。

著者あとがきを読んで

『ロマンシングサ・ガ2』みたいな主人公が世代交代するゲームが好きだという話です。

『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』も、主人公こそ変わりませんが、「パパス→主人公→勇者」と、三世代に渡るストーリーが激アツでしたね。十文字先生は、「いずれ主人公が世代交代する小説を書きたい」と述べてますが、その後、そういった小説は書かれたんですかねぇ?

灰と幻想のグリムガル level.5 笑わないで聞いておくれよ
十文字 青(著)、白井鋭利(イラスト)
【目次】
1.ときには盛りのついて獣のように
2.凡人と非凡人のよく見える境界線
3.未知の道
4.今はただ明日のために
5.飼育係にふさわしいのは
6.黄昏の世界へようこそ
7.問題が時間
8.丘を下りて行こうよ
9.余計なお世話だ
10.非特別
11.豹と鯱と海豚の輪舞曲

次巻「灰と幻想のグリムガル level.6」のネタバレ感想へ

スポンサーリンク
灰と幻想のグリムガル5巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です